「営業時間短縮・休業要請及び愛知県感染防止対策協力金(12月18日~1月11日実施分)」について〔愛知県〕

投稿日 : 2020/12/16

「愛知県感染防止対策協力金」の実施概要について

 現在、愛知県では、新型コロナウイルス対策として、名古屋市中区の繁華街の酒類を提供する飲食店などに営業時間の短縮を要請しておりますが、感染状況が厳しさを増していることから、昨夜開催された政府のコロナ対策本部の会議の結果を受けて、その対象地域を愛知県全体に拡大することといたしました。
 時短要請に応じていただいた事業者に対する協力金の概要は以下のとおりです。

 

対象期間

20201218日(金)~2021111日(月)25日間

支給額

1店舗1日あたり4万円、最大100万円(要請に応じた日数分)

 

対象エリア

県内全域

 

対象施設

接待を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店やカラオケ店
業種別ガイドラインを遵守したうえで、県の「安全・安心宣言施設」への登録、PRステッカー及びポスターの掲示が必要です。

詳細

 詳しくは以下のサイトをご覧ください。

 https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/kyouryokukin2.html〔外部サイト〕

 

その他

○なお、春の緊急事態宣言に伴う休業要請協力金との違いは、対象施設を酒類を提供する飲食店に限定していること、休業ではなく営業時間の短縮であること、1日単位でお支払いすること、申請受付・交付事務を県が直接行うことなどです。