「廃プラスチック処理の円滑化」について

DATE : 2019/06/18

国内で処理される廃プラスチック類等の量が増えています<愛知県環境局>

 産業廃棄物に該当する廃プラスチック類は、2017年末の中国を始めとする外国政府による輸入禁止措置により、国内で処理される量が増大し、処理が逼迫しつつあることから、今後不法投棄等の不適正処理が起こることが懸念されています。
不適正処理が起こると、排出事業者に処理責任がかかることから、廃棄物の運搬又は処分を産業廃棄物処理業者に委託する場合は、事前に当該業者が廃棄物の処理能力を有することを確認するとともに、定期的に廃棄物の処理の状況を確認くださるようお願いします。
 詳しくは、環境省等のWEBページをご覧ください。
 
★「廃プラスチック類等に係る処理の円滑化等について(通知)」はこちら
 https://www.env.go.jp/recycle/pura_tuti_R10520.pdf
★リーフレット「産業廃棄物の処理を委託する排出事業者の皆様へ」はこちら
 https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/279760.pdf