地域経済分析システム(RESAS:リーサス)利活用状況調査への協力について〔経済産業省〕

DATE : 2018/11/21

 経済産業省では、地方創生の様々な取り組みを情報面から支援するために、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化する地域経済分析システム(RESAS:リーサス)を内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)と連携し提供しております。今般、利用者の方に効果的な施策の立案・実行・検証等を実施していただくため、同システムの利用状況を把握し、今後のシステムの運用検討のための参考情報とすることを目的に、アンケート調査を実施しています。 お忙しいところ大変恐縮ではございますが、本調査の趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

◆調査主体
 経済産業省地域経済産業グループ地域経済産業調査室
◆設問は最大26問、回答時間の目安は10~30分程度になります。(回答の選択に応じて設問数が異なります)
◆ご回答に際しましては、次の点にご留意ください。
 ●該当する項目を選択するものと、該当事項をご記入いただくものがあります。設問に従ってご回答ください。
 ●回答中にブラウザの「戻る」を使用すると、それまでの回答が無効になりますのでご注意ください。
 ●ご回答者様の選択された回答により以降にお伺いする設問が分岐いたしますので、設問番号は一部スキップされます。操作上の間違いはございませんので、そのままご回答を続けてください。
※地域経済分析システム(RESAS:リーサス)とは?
地方自治体の様々な取り組みを 情報面から支援するために、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約して可視化する「まち・ひと・しごと創生本部事務局」が提供するシステムです。(https://resas.go.jp/


◆アンケートは下記URLよりご回答ください。
https://rsch.jp/8cf45efc4be690af/login.php